MY WEB

SNS

  • twitter
  • JogNote

最近のトラックバック

« ニペピーク | トップページ | 北海道の山と谷 »

2004.10.15

思えば遠くへ来たもんだ

 下の娘が入院したので、今晩は上の娘と2人きりの夜である。仕事を早く切り上げ、病院の迎えにいくも、病院に泊まる、私とは帰らないと泣き叫ぶ我が娘だった。母親にはかなわない、というか駄目な父親なのだろうか?
 ようやく寝かしつけて、TVを付けると金八先生がやっていた。金八先生は同時代的に見たドラマだった。ちょうど私が中学生の頃にやっていた。担任の英語の先生が金八先生はいいかと視聴覚教室で私たちに問いかけていたのを思い出す。あれから二十数年、金八先生の2人の子供達は大学生(一人は浪人生)になっていた。奥さんはどうしたのだろう?武田鉄矢もさすがに年取ったけど、私も年を取った。思えば遠くへ来たもんだ。なんかつくづくほんとうに思ってしまった。

 5歳の頃の記憶はおぼろげながらにある。上の娘は、ちょうど5歳。ママといっしょにいたいと泣き続けた今日のこの日のことを忘れないで覚えているだろうか。

« ニペピーク | トップページ | 北海道の山と谷 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2871/1689993

この記事へのトラックバック一覧です: 思えば遠くへ来たもんだ:

« ニペピーク | トップページ | 北海道の山と谷 »