MY WEB

SNS

  • twitter
  • JogNote

最近のトラックバック

« 親知らず | トップページ | 仰げば尊し »

2014.04.01

一所懸命

 一生懸命の由来となっているこの言葉のことは、たぶん高校生の頃に教わったような気がする。未だに捨てるに捨てれないでいる日本史用語集(山川出版社 1984.1.10発行)に「一所懸命の地」について、次のような説明がある。

命を懸けて守るべき領地。武士は館を構えて村落の名を苗字とすることが多く、苗字の地は武士にとって一所懸命の地であった。

 第4章武家社会の成立 1.鎌倉幕府の成立という項目のところに載っているので、鎌倉時代に生まれた言葉なんだろう。きっと。そういえば、「いざ鎌倉」という言葉も好きで良く使っているなぁ…おれ。いざ鎌倉の精神でジョグに励むオレみたいな感じで。

 本日付けで彼の地に赴任していく仲間に「一所懸命」という言葉でエールを贈った。由来を踏まえると、厳密な意味合いでは適当な言葉ではないのだろうが、漢字の持つ私的な印象と語感、そして自分が置かれている状況なんかを重ねあわせ、それぞれの場所でそれぞれのやり方、無理のないやり方で自分のできることを精一杯やろう、精進しようぜ互いにみたいな思いを伝えたつもり。彼ならきっと分かってくれたと思う。きっと…。

« 親知らず | トップページ | 仰げば尊し »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2871/59389939

この記事へのトラックバック一覧です: 一所懸命:

« 親知らず | トップページ | 仰げば尊し »