MY WEB

SNS

  • twitter
  • JogNote

« おまけ | トップページ | 八重山の旅 »

2015.08.18

グルクン寿司を食べながら

1440129518739.jpg

新千歳までの機上は、行きの轍を踏まず昼食を買った。グルクン寿司を肴にオリオン飲みながら、この旅を振り返ろうと思ったが、出発か遅れて、昼食を食べる頃にはぬるくなってしまった。グルクン寿司も私には少しクセのある味に思え、残念だった。

あっと言う間の四日間、実質的には二日間の旅だったので、駆け足で巡る旅になってしまった感がある。できることなら、もっとじっくりとなめるように見て回りたかった。歴史、文化、人、まだまだ分からないことだらけ。それでも、今回の旅で知ることのできたことは、①台風の常襲地帯であるが、災害が起きにくい土地柄でえることに加え、街づくりをしていること。②極悪事件が起きにくい、気候、人柄、地域性であること。③八重山の人々は、風土病(マラリア)と闘った歴史を持つこと。④八重山には、思っていた以上に国(農水省)の補助が入っていること。⑤本州や東南アジアほどではないけど、やっぱしムシムシしていること。⑥オリオンビアの軽さ。⑦石垣は、牛肉が豚肉を圧倒しつつあること。⑧石垣には、ローソンやセブンがなく、ファミリーマートが多いこと。⑨外気が高いから強く感じるのかもしれないが、お客さんが寄る建物はどれもこれもクーラーが ギンギンに効きすぎていること。⑩石垣以外の八重山の行政区は竹富町だが、竹富町の役場は石垣市にあり、役場職員は石垣市民であること。
日本は実に広い。もっともっと日本を知りたい。

« おまけ | トップページ | 八重山の旅 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2871/62126114

この記事へのトラックバック一覧です: グルクン寿司を食べながら:

« おまけ | トップページ | 八重山の旅 »