MY WEB

SNS

  • twitter
  • JogNote

カテゴリー「キノコ」の9件の記事

2011.11.03

天然もの

111030kenasi_nameko
 道南のマイナーな山を登り、天然のナメコ畑に出会いました。こんなに大きなナメコ畑を見るのは初めてです。この時期にこんな美しいナメコ畑に出会えて(v^ー゜)ヤッタネ!!

111030kenasi_mukitake
 この日はナメコだけではなく、ムキタケの畑も発見。山自体は面白みに欠けており、メンバー皆からけなされていましたが、ナメコとムキタケで皆さんご満悦。

 天からの授かりものは、両親にプレゼント。「山と土の香りの美味しさは格別」とのお礼メールをもらい、少しだけ親孝行できたかなと(o^-^o)のオレでした。

2007.07.02

きのこマスターへの道

 昨日の漁岳(漁川)で早くもきのこ(ボリボリ)を採取しました。きのこは秋に生えるものというイメージがありますが、雪がない間はほぼすべての期間に何らかのきのこは生えているとのことです。昨シーズンは、きのこ図鑑片手に雄鉾岳を登り、きのこ採取に初挑戦しました。図鑑だけでは心配だったので、我が会のきのこマスターに鑑定を依頼してから味噌汁にしたにもかかわらず、気持ち悪くなってしまい(自己催眠的なもの)大騒ぎするなど、きのこマスターへの遠き道のりを感じたところです。
 今シーズンもきのこマスターを目指し、図鑑片手に修行の旅に出なければなりません。きのこマスターへの思いを確固とするためにも、「きのこ部」なるブログパーツを貼り付けて、きのこの成長ぶりを見ていこうと思います。

2005.10.29

キナメツム茸

hrnsh0007.jpg

エノキ茸

今日は夏山納めです。ヘルベチアヒュッテの裏山で採取しました。hrlsh0005.jpg

2005.10.02

北海道のキノコその5

05925kinoko

 然別峡野営場のトドマツ林の中に生えていたキノコです。やっぱ毒きのこでしょうか。

2005.09.19

北海道のキノコその4

 色合いと雰囲気からマスタケと確信して撮影してきたが、帰宅後にキノコ図鑑で検証してみると、マスタケはアカエゾマツ、エゾマツなどの生立木、枯れた樹幹、切り株に発生すると解説されていた。地面に生えたいた“こやつ”はいったい何もんなんだろう?やっぱ毒キノコ?


050918kinoko


2005.08.23

北海道のキノコその3

050822kinoko

 中部日高の沢登り山行(コイボクシュシビチャリ沢北西面直登沢)最終日に見つけたキノコです。林道に倒れていた木に生えていました。雨雨雨の山行で、沢以外の何かを撮影するのが多い山行でした。

 北海道きのこ図鑑(亜璃西社刊)を購入してきましたが、写真から種別を特定するというのは難しいですね。

北海道のキノコその2

050820kinoko01

050820kinoko02

中部日高の沢登り(コイボク北西面直登沢)で見つけたキノコです。これも写真のみ撮影してきました。

北海道のキノコその1

170806kinoko

 群別(クンベツ)川を遡行した際に見つけたキノコです。うまそうに見えたのですが、食することができるのでしょうか?