MY WEB

SNS

  • twitter
  • JogNote

カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の178件の記事

2017.08.12

実家帰省中


母がパフェを食べたいというので。定番のチョコレートパフェにすればよかった・・・。

自分へのご褒美

 就職して最初のボーナスでダンロップの夏テントを買った。その年の夏休みに飯豊連峰を縦走し、稜線上のテン場で風雨に打たれた。テント内はシャワー室と化し、ハーフフライが風雨に極めて弱いことを知った。テントとポールを合わせた総重量は2.6kg、二人用なのに・・・。
 あれから30年弱の時間が経ち、自分へのご褒美と今後の山行形態を想い、カミナドーム2を購入。前述のダンロップテントと同じ大きさで総重量は1.4kg。使い勝手もよさそうだ。
 このテントを担いで、体が動く限り、北海道の山と谷を駆け巡りたい。そのための山仲間を・・・。

2017.06.04

レースを終えて

レースを終えて、旬のものを肴に一杯。ほんの少しばかりの幸せ。

Naomi Sakurabaさん(@miona_barakusa)がシェアした投稿 -

2017.05.12

今年のお花

170512_

2017.05.07

GW最終日は風が強かったが、ここだけは穏やかだった。

Naomi Sakurabaさん(@miona_barakusa)がシェアした投稿 -

2017  5月 6 6:29午後 PDT

2017.05.06

GW後半の一コマ

2016.10.30

峠に響け和太鼓のエール~共同演奏 ♪山彦♪~

峠に響け和太鼓のエール~神(カムイ) 魂の叫び~

神(カムイ)は、樹齢500年の樹木で作った直径130cm、重さ550kgの道内最大級の大太鼓です。

2016.09.04

沢登りに対するある見方

 一週間ぶりに風呂に入り(シャワーは浴びていたので、厳密には湯につかり)、ビアと焼酎を飲みながら、つかの間のひと時を過ごしている。

 お腹が痛くなる=下痢、頭痛=発熱のオレだったので、先週の腹痛と頭痛は、まじで7月17日~18日に遡行したポンクワンで喰われたダニの影響だと思った。数日後には急性脳炎で意識不明になるのではないかという恐怖感を抱えながら過ごしたが、杞憂に終わったようだ。たぶん。金・土の二日間を各8時間睡眠取ったら、体が軽くなり、腹痛と頭痛も消え失せた。単なる疲労だったようだ。この程度のことで体が悲鳴を上げている。悲しいが年を取るとはこういうことなのだろう。
 今日は午前中で仕事が終わったので、午後から3時間室内ランと筋トレ。そして、お気に入りのブログを読む。
 角幡さんのブログを読むのは久しぶり。北海道(芦別市)出身で探検部(名門早稲田)出身ということで、勝手に親近感を抱いている。とはいうものの、彼の本は「空白の3マイル」と「探検家、36歳の憂鬱」しか読んでいないが。
 何年か前に札幌でやった講演会を聞いた。なんか面倒くさそうに適当に終わった感があった講演会だったが、それも彼らしくてよかった。でも、山野井さんや服部さんの講演会には遠く及ばなかった。残念がら。
 彼のブログは、着飾っていない真の角幡さんが出ていて好きだ。そして面白い。3月以降の記事(自身の宣伝含む)を読んだ中で、最新の記事の中での沢に対してこういう見方、感じ方沢登りとは人間と山との間で交わされるセックスのことである。 もあるのだなと思ったが、賛否両論、多事総論は避けられない見方だなとも感じた。山谷グレード!!☆以上の沢に対して「格闘」と表現するオレには思いもしなかった言葉。何れしても、角幡さんらしい物言い、表現だし、ブログ記事。ブラボー。
 来夏は日高での漂白を考えているという。角幡さんらしい言葉が詰まった記事を楽しみにしている。

2016.07.02

2016函館マラソン

16

函館マラソンでフルデビュー。3月から計画的にトレーニングを積み、6月は140km走り込んでの出走。
○30kmラン練習時の状況から最後の10kmは泣きながらのジョグ、はってずってのゴールと思いきや、最後の2kmの元気な走りと笑顔のゴールは自分でも信じられないこと。「継続は力」とは、こういうことなのね。
○イーブンペース(キロ6分半程度)の走りをしたこと、レース前、20km地点、30km地点でのアミノバイタル(ゼリー状の補助食)補給が功を奏したような気がする。
○アミノバイタルパーフェクトは、「後半まで途切れない全力のパフォーマンスが期待できる」がウリになっているが、最後の2kmの頑張りはそれを証明しているような気がする。アミノバイタルスーパースポーツは、液状で飲みやすかった。
○函館空港までの上り坂は、前半ということもあり、それほど苦にならなかった。
○コース中盤の漁火通りの復路と後半のともえ大橋の往路は、雨風に当たり辛かった。雨の中で応援してくれた市民の皆さんも辛かったと思う。コース沿線の応援にはたくさん元気をもらった。
○宇賀歌中学校の吹奏楽部の演奏とみちのく銀行の皆さんのねぶたの囃子に感動し、涙が出そうになった。
○いくつかのエイドで用意されていたフードは、バナナ、五勝手屋羊羹、夕張メロン、スナッフルスのチーズオムレットを食した。チーズオムレットは喉が渇く。
○10km過ぎたあたりから左膝に違和感を感じ、20km過ぎたあたりから左膝の外側の筋が痛くなった。膝下を後ろに上げての膝下屈伸を定期的に行いながら走った。
○30kmジョグ練習時に感じた太ももとふくらはぎが棒のようになって走る鈍い痛みはなかった。
○記録は4時間17分51秒。思っていた以上に良い成績でびっくり。来年の北海道マラソンにエントリーしようっと。4時間を切れるよう精進しなきゃ。
○ゴールしたときの達成感、充実感、心の底からフツフツと湧き出す喜びは、久しぶりに感じた懐かしい感覚。フル完走の喜びは、半端ない。「酔いどれクライマー」から「真面目なランナー」に転向しようかな・・・
○出走に当たって、色んな面でサポートしてくれた妻に感謝。妻のサポートがあってこその完走。ありがとう。 

より以前の記事一覧